PageTop

演劇ユニット金の蜥蜴

MENU
<18.01.13>
次回公演情報」を更新しました。
<15.02.27>
過去の演目」がスマートフォンに対応しました。
<15.02.25>
舞台裏ブログ」がスマートフォンに対応しました。
<15.02.20>
「トップページ」「次回公演」各ページがスマートフォンに対応しました。
<15.01.20>
過去の演目」コンテンツを追加しました。
<15.01.10>
ホームページからのチケット販売を開始しました。
<15.01.09>
デザインリニューアルしました。
A533F23A-C567-448C-8552-BDCE2ED220E6.png

ごあいさつ

ようこそ「演劇ユニット 金の蜥蜴」ホームページへ。主宰の暮川彰です。

当ユニットは、一言で言うと「能楽」と「現代芝居」のコラボレーション、回りくどく言えば「能楽と現代芝居(現代劇、とはちょっと違う)はどちらも役者の やる芝居であるということを、お客様に感じて欲しい」ということを基本コンセプトとして上演しています。

日本の芸能でありながら、日本人に馴染みが薄くなってしまった「能楽」が、数百年も続いてきた理由である「何か」を、「現代芝居」に取り入れることによって、観客の皆様に少しでも感じ取っていただけるような作品をお届けするべく、頑張っております。

能楽のようなもの、ではなくプロの能楽師まで巻き込んでの現代芝居に能楽のエッセンスを取り入れた時代劇。能楽の幻想性や美しさを上手く活用しつつ、笑いあり、アクション(?)あり、涙ありで、みなさまのお越しをお待ちしております。

肩肘張らず、「エンターテイメントとしての能楽や芝居」を、どうぞお楽しみください!

演劇ユニット金の蜥蜴 主宰 暮川彰

次回公演次回公演

演目 ―いばらひめ― 原作:能楽「鉄輪」
日時 2019年2月13日(水)
~17日(日)<7公演>

2月13日(水)19:00~
2月14日(木)19:00~
2月15日(金)14:00~/19:00~
2月16日(土)14:00~/18:30~
2月17日(日)15:00~
会場 築地本願寺ブディストホール
チケット
前売券
指定席:4,800
自由席:4,000
当日券
指定席:5,000
自由席:4,500
キャスト

暮川  彰
白須  慶子
西条  美咲
    ・
山副  純子
井田  友和
來島  光羽大
田村 花穂
    ・
好井 ひとみ
春延  朋也
剛  たつひと
    ・
幸田 友見

舞台裏ブログ舞台裏ブログ

次回公演決定。

2019年2月13日(水)~17日(日)

次回の金の蜥蜴定期公演は、ナント、初の再演ものです!

7年?8年?前に、幸田友見初の演出作品

「荊姫」~いばらひめ~(能楽「鉄輪」より)

咲恵水さんの脚本を少し脚色して、再びみなさまにお届けします。

今回初参加の役者さんがとても多いので、前回とまったく違う荊姫をお届出来るかと思います。

場所はいつも通り、築地本願寺ブディストホールです。

詳細をお楽しみに~!

過去の演目過去の演目